HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

クランプメータが2019年度グッドデザイン賞受賞


公開日 : 2019年10月7日

GENNECTシリーズのマーケティング担当の宮田です。

またもや、うれしいお知らせが入ってきました。
狭い配電盤でも挟みやすいと好評のクランプメータ、「AC/DCクランプメータ CM4375, CM4376」と「ACクランプメータ CM4141, CM4142」が、2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。
「AC/DCクランプメータ CM4376」は、JECA Fair 2019にて、一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞も受賞しましたので、二冠となります。

現場で使いやすい測定器だからこそ、GENNECT Crossのようなアプリが活躍できると考えています。
このクランプメータが解決しようとしたことは、最近の省スペース化した電気配線で、クランプメータをはさむことができなくなったことです。はさめないということは、電流を測定できないということです。これでは測定器として失格です。

「狭いのでセンサの形状を細くしよう。」それは単純な解ですが、正解にはなりません。センサを細くすることにより、測定精度が悪くなって正しく測定できなくなったり、耐久度が弱くなりすぐ壊れたりするようになるからです。一つ良くなると、一つ悪くなるということは、世の中の常です。
ここでクランプメータの開発者は悩みます。悩んで、悩み抜いて、妥協することなく、新しい発明をします。そして、正しく測定できて、頑丈で、細いセンサを生み出しました。

今回の受賞では、「はさめない = 測定できない」という現場の困りごとを解決するツールとして評価されたことは、格別にうれしいことであります。
現場に強く、もっと強く。
これからも現場に向き合って、測定器を開発していきます。

最後に、グッドデザイン賞の審査委員の評価をご紹介します。

>> AC/DCクランプメータ CM4375, CM4376の製品ページはこちら
>> ACクランプメータ CM4141, CM4142の製品ページはこちら

>> グッドデザイン賞受賞詳細ページへのリンクはこちら