グッドデザイン賞受賞!! 照度測定サポートシステム


更新日 : 2018年11月7日

GENNECTマーケティング担当の宮田です。

照度計、GENNECT Cross、測定治具(補助カート)を組み合わせたシステムがグッドデザイン賞を受賞しました。
日置電機は今までにも数々の測定器でグッドデザイン賞を受賞してきましたが、測定器とアプリを組み合わせた一つのシステム(ソリューション)として受賞することは初めての快挙となります。

2018年度グッドデザイン賞の受賞作を紹介する展示会「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」が東京ミッドタウンで10月31日から11月4日まで開催され、「照度測定サポートシステム」も展示されました。文房具や自動車、電気機器、建物など様々な受賞作の中、「照度測定サポートシステム」も堂々と受賞を誇っていました。
その他のHIOKI製品の2018年度受賞作は、「メモリハイコーダ MR6000」「パワーアナライザ PW3390」「AC/DCカレントセンサ CT6904」でした。

 

> グッドデザイン賞受賞詳細ページへのリンクはこちら

 

現場において、実際に許される作業時間は極々限られています。その限られた時間の中で作業の高効率化や時短につながる提案をしたい、というのがGENNECT開発チームの想いです。
測定器単体の改善だけでは、効果の高いソリューションを提供することは、難しくなってきています。しかし、GENNECT Crossや測定のための治具を工夫することによって、何十倍も何百倍も役立つシステムを提供できる可能性があります。そこがGENNECT Crossを始めとするGENNECTシリーズの面白さだと思います。

 

上記のグッドデザイン賞受賞詳細ページから、「審査委員の評価」を抜粋します。

上記のとおり、大変有難い言葉をいただきました。苦労して実現した機能を評価いただき、うれしく思います。

現場に強く。もっと強く。

まだまだGENNECTシリーズで解決できることはたくさんあります。これからも現場を支えるソリューションを提案し続けていきたいと思います。