HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

月別記事一覧 : 2019年3月

GENNECT Remoteバージョンアップ V2.2.0

公開日 : 2019年3月26日

本日、GENNECT RemoteはV2.2.0にバージョンアップいたしました。
主なバージョンアップ項目は次の5項目になります。その他、多数の軽微な改善も含まれます。

1. PQ3198に対応

電源品質アナライザPQ3198に対応しました。PQ3198は2019/3/29に発売される新しい電源品質アナライザです。今までGENNECT Remoteに接続できた電源品質アナライザPQ3100に加えて、PQ3198も接続できるようになり、ますます電源品質トラブルに役立つシステムを構築することができます。

2. MR6000に対応

ご要望が多かったメモリーハイコーダーの最高峰MR6000に対応しました。
GENNECT Remote Pro版と使用すれば、トリガーが作動し新しい波形を取得すると、その波形データをクラウドサーバーに保存することができます。クラウドサーバーからダウンロードできる準備が整いますと、メールでお知らせします。最速200MS/sで波形を記録して、瞬時的かつ間欠的にしか起こらない現象を見逃すことなく捉えます。測定現場に行かなくても、その波形を取得することができます。
また、Pro版の遠隔操作機能にも対応していますので、測定現場から離れたところからでも測定器を操作することも可能です。

3. 測定リスタート機能追加

測定を停止させた後、約1分後に測定を再開させる機能です。
LR8400の警報保持機能をONに設定している場合、もし警報条件を満たし警報出力したとき、測定を終了させない限り、警報出力が停止しません。警報を受け取った後、遠隔操作で簡単に測定を停止し再開させるための機能です。

4. 遠隔モニター、遠隔ファイル取得画面のレスポンス改善

遠隔モニター画面と遠隔ファイル取得画面の表示スピードを改善しました。

5. UVC(※1) Webカメラ対応(β版(※2))

遠隔モニター機能にカメラ画像を追加することができます。カメラ画像は測定データのグラフ上に表示されます。次のようなアプリケーションに役立ちます。

  1. 測定対象物を撮影
    グラフに変化点があったときの、測定対象物の画像を見ることができます。
  2. アナログメーターを撮影
    ネットワークに接続できない機器の画面やアナログメーターなどを撮影します。画像として保存して、測定値を確認することができます。

>> Webカメラ機能の説明ページはこちら

GENNECT RemoteがIoTにオススメな4つの理由

公開日 : 2019年3月6日

GENNECTシリーズ マーケティング担当の宮田です。

GENNECTシリーズのセミナーやGENNECT Remoteのユーザー訪問など、お客様から直接お話を伺う機会を最重要視しています。現場の困りごと、活用事例、導入障壁、機能要望など多岐にわたる話題の中、GENNECT Remoteを選定するときに共通した視点がある、と感じています。
この記事では、それらの視点をまとめてみます。題して、「GENNECT RemoteがIoTにオススメな4つの理由」です。

 

1. 出張費用/作業時間の削減

遠隔計測システムを導入する一番の理由は、経費と人件費の削減です。
出張回数を減らしたいとか、測定途中のデータをみたいとか、何度も訪問するとお客様に迷惑がかかるとか、これらは現場の困りごととしては明らかです。こういった理由が導入動機として一番多いのは頷けます。
更に、実際に使用してみると、ただ単にリアルタイムで測定データを見られるというメリット以上に、測定途中でもデータ解析を開始できる、つまり測定と分析を並行して作業できる時間短縮にもメリットがあるようです。省エネ提案等では提案書の方針決めや作成にいち早く着手できるため、お客様が本業に集中できるようになったと大変喜んでいただいています。

出張費用削減シミュレーションについて詳しく →

 

2. 学習コストが低い

初めてIoT機器を使用する場合、使いこなせるか心配になるかもしれません。新しい機器を使うために勉強するとなると大変です。
GENNECT Remoteは学習コストが非常に低いことが特長です。
GENNECT Remoteのコンセプトとして「わずか5分でセットアップ完了」があります。ネットワークについて特別な知識を必要とせず、測定器をゲートウェイに接続するだけで、クラウドサーバーにモニター値の保存が開始されます。
単純な操作でつながるということは、設置のための作業指示書も簡単に作成できるという効果もあります。

 

3. セキュリティが万全

他のオススメ理由と比べて、セキュリティについては隠れた理由と言えるでしょう。しかし、実際にお客様にGENNECT Remoteのセキュリティ対策を説明すると最も関心が高い項目となります。
セキュリティは重要だとわかっていながらも、問題点が見えていないという言い方が正しいかもしれません。悪意ある攻撃はその手のプロによる巧妙な攻撃であり、攻撃されていることが自覚できないことが多いです。
GENNECT Remoteのゲートウェイからの通信は、インターネット網を使用せず、プライベートネットワークを使用した閉域携帯電話網を使用していることがセキュリティの強さの秘訣です。また全通信経路で暗号化されているため途中で傍受されることもありません。

セキュリティについて詳しく →

 

4. メンテナンスいらず

もし自前でIoT計測システムを構築したとしましょう。その構築(開発)費用もさることながら、運用時にも通信費やクラウドサーバー使用費用、修理代、バージョンアップ費用など多大な費用が発生します。IT部門の担当者が保守業務にかかる人件費も発生することを忘れてはいけません。IoTシステムは作ったら一切費用がかからないということはありえません。
GENNECT Remoteなら月々のライセンス費用の中に、通信インフラ維持費、セキュリティ対策、通信費用、サーバー運用費用、アプリソフトの保守、バージョンアップ費用が全て入ったオールインワンサービスです。(※)

(※ PCやスマホ、タブレットからクラウドサーバーへの接続通信費用は含みません)