HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

月別記事一覧 : 2019年6月

JECA FAIR 2019 製品コンクールでクランプ電流計が受賞

公開日 : 2019年6月18日

みなさま、こんにちは。
GENNECTマーケティング担当の宮田です。

うれしい一報が届きました。
2019/5/22から24まで開催されていましたJECA FAIR 2019 (第67回 電設工業展)にて、GENNECT Cross対応測定器であるAC/DCクランプメーターCM4376が、一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞を受賞しました!!
このような名誉ある賞をいただき、大変うれしく思います。

このクランプメーターが受賞した理由は、なんといっても「狭い場所もはさむことができる」です。
最近の配電盤も分電盤もコンパクトに作られます。すると、電流を測定したくても、クランプセンサーが入らないということになります。省エネのためのダブル配線や、エコケーブルを使用して線材が太くなることも相まって、ますます測定できなくなってきました。

そこに目をつけたのが、AC/DCクランプメーターCM4376です。
「とにかく、はさめる。」
それ以外の言葉は必要ないです。


※ これはCM4376のクランプセンサーと全く同じ形状の測定器である、CM4375の動画です。

このクランプメーターCM4376の機能はそれだけではないのです。
太陽光発電(PV)システムの接続箱って狭いですよね??
CM4376は、交流電流も直流電流も測定できる上、直流電圧を1500Vまで測定できるので、PVシステムの測定でも大活躍できます。

もちろん、GENNECT Crossへの接続もできます。
標準測定機能、ロギング機能、波形表示機能、写真/図面測定機能を使えば、現場の仕事が楽になること間違いなしです。

>> クランプメーターCM4376の製品ページはこちら

>> 製品コンクール受賞製品一覧ページはこちら

株式会社きんでん リニューアル工事の活用事例

公開日 : 2019年6月10日

みなさま、こんにちは。
GENNECTマーケティング担当の宮田です。

GENNECT Remoteのユーザーインタビュー第2弾として、株式会社きんでんの活用事例を公開しました。

電気設備の電気を測定することは、HIOKIが最も得意とすることです。長年にわたり、保守、トラブルの原因追求、省エネなど様々な用途で使用できる測定器を開発してきました。
また同時に長年にわたり、お客様から「現場に行かなくても測定値を見ることができればいいのに」と言う要望をいただいていました。
思い返せば、インターネットが普及し始めたころからですので、もう15年以上も経ちます。

そして、それがGENNECT Remoteにより実現できました。
通信ネットワークについて専門外の方でも、現場で簡単に設置できる遠隔計測がGENNECT Remoteです。

今回掲載しました活用事例は、まさに電気設備の電気測定です。電気設備のリニューアル工事をする前に、現状把握のため、1週間から10日間にわたり各変圧器の負荷変動を測定します。そして、測定結果を考察して、お客様の用途に合った省エネ性能が優れた電気設備を提案しなければなりません。
GENNECT Remoteがなければ、「現場に行かなくても測定値を見ることができればいいのに」という声が聞こえてきたことでしょう。

IoT活用による効果は、業務効率を向上させるだけではありません。時間を有効活用できると、お客様にとって、もっと価値ある提案を考え出すことができます。
計測を自動化することにより、本当に人が必要な仕事に十分時間をかけることができます。直接的な効果だけではなく、2次的な効果も出た好事例です。

> 株式会社きんでんのGENNECT Remote活用事例はこちら

JECA FAIR 2019のHIOKIブースにご来場ありがとうございました

公開日 : 2019年6月4日

みなさま、こんにちは。
GENNECTマーケティング担当の宮田です。

第67回電設工業展 JECA FAIR 2019のHIOKIブースにご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
おかげさまでHIOKIブースは常に満員状態となりました。

私自身は23日と24日の2日間、説明員としてブースに立ち、GENNECTシリーズを中心に説明しました。
現場の困りごとや、商品アイデアについてお客様とたくさん話し合うことができて、HIOKIの測定器とGENNECTシリーズで解決できることをひとつずつ実現していきたいと、思いました。

そして、24日は、GENNECT Crossのセミナーを開催し、最新の現場の実例を紹介しました。題して、「もう始まっている。GENNECT Crossによる未来の計測」です。
こちらもおかげさまで大盛況で、会場周りに立ち見ができるほどでした。
現場が少しでも楽になるお手伝いができれば、と願って、GENNECTシリーズが生まれました。まだまだ発展途上のIoTシステムかもしれませんが、みなさまの真剣な眼差しを受け、電気設備の現場もいよいよ変わり始めたと、感慨深く、実感しました。
現場の進化に負けないように、GENNECTシリーズも進化していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

オリックス・レンテック株式会社のホームページにGENNECT Remoteの紹介インタビュー掲載

公開日 :

オリックス・レンテック株式会社が運用する「Rentec Insight」にGENNECT Remoteの紹介インタビューが掲載されました。

「Rentec Insight」は、最新の技術を紹介する情報サイトです。
IT, AI, ロボットなどの技術紹介や、3Dプリンタ、測定器の情報が掲載されています。どの記事も読み応えがあり、勉強になります。

さて、2019年3月某日に、GENNECT開発チームより降旗、今泉の2名と、マーケティング担当の宮田を加えて計3名でインタビューに臨みました。インタビューを受けた経験が乏しいので、やや緊張気味でしたが、オリックス・レンテックの担当者様のリードにより、終始リラックスした雰囲気で終わりました。

GENNECT開発者の生の声で、GENNECT Remoteを紹介しています。このホームページとは一味違う切り口の発言もありますので、ぜひご一読ください!!

> Rentec Insight 「GENNECT Remote ~ 遠隔からの計測データ収集を可能にするソリューションとは?」