HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

月別記事一覧 : 2021年9月

対応測定器がなくても動作確認できるGENNECT Cross

公開日 : 2021年9月27日

GENNECT Crossが、V.1.8.2にバージョンアップしました。
今回のバージョンアップ項目は次のとおりです。

  1. 対応測定器を持っていなくても、機能の確認ができるダミー測定器
  2. 波形/FTT機能にC.F.値(クレストファクタ)とTHD値(高調波歪み率、全高調波歪)を追加
  3. 波長/FTT機能の表示精度を改善
  4. その他、軽微な修正

ますます現場で役立つようになった機能の中から、ダミー測定器について詳しく紹介します。

動作確認ができるダミー測定器

今までGENNECT Crossに対応測定器を接続しなければ、全く機能確認ができませんでした。
「現場に役立ちそうだ」と思ってGENNECT Crossをインストールしても、対応測定器を購入しなければ、GENNECT Crossの機能を試すことができません。
今回のバージョンアップでは、対応測定器を持っていなくても、ダミーの(仮想的な)測定器を登録することにより、「標準測定」「ロギング」「写真/図面測定機能」の3機能を試すことができるようになりました。

ダミー測定器の登録方法は簡単です。

1. 画面右下の「その他」をタップします。
2. 「接続機器設定」をタップします。
3. 「ダミー測定器追加ボタン」をタップします。最大4台まで追加できます。

その後、ホーム画面で「標準測定」を選べば、ダミー測定器の測定値として、電圧、電流、周波数が表示されます。測定値の保存、PDFの報告書作成を含め、全ての機能を試すことができます。
同様に、「ロギング」「写真/図面測定機能」もダミー測定器の測定値を使って全ての機能を試用できます。

ぜひ、GENNECT Crossの機能を体験してみてください!!

GENNECT Oneのダッシュボード機能が大幅機能アップ

公開日 : 2021年9月6日

GENNECT Oneがバージョンアップし、ダッシュボード機能がさらに使いやすくなりました。

ダッシュボード機能とは?


ダッシュボード機能は、グラフィカルに測定値を表示する機能です。
例えば、工場の電力監視をするとき、工場レイアウトの画像データ上に、測定している場所に測定値を置いていきます。最新の測定値に更新されていきますので、直感的にわかりやすい表示ができます。

>>ダッシュボード機能についてさらに詳しく

しかし、今までのダッシュボード機能は、測定値の表示はできますが、記録はできませんでした。

ダッシュボード機能を大幅機能アップ

今回のバージョンアップで、次のようにダッシュボード機能がさらに便利に使えるようになりました。

  • ダッシュボード機能にロギングを追加
    測定値の表示だけではなく、ロギング(測定値の記録)もできるようになりました。ロギングデータは、GENNECT Oneの機能を使ってグラフ化したり、Excelで分析したりしてデータ活用できます。
  • 日報自動出力機能を追加
    あらかじめ設定した日報のテンプレートに従い、日報を出力します。
  • CSV自動出力機能を追加
    測定データを定期的にCSV形式で自動出力します。
  • チャネル間演算機能を追加
    測定データを組み合わて演算する機能です。四則演算のような基本演算の他、三角関数、指数関数、対数関数も使用できます。

ロギング機能にも追加

GENNECT Oneのロギング機能にも

  • 日報自動出力機能
  • CSV自動出力機能
  • チャネル間演算機能

を追加しました。

>>ロギング機能についてさらに詳しく

自動時刻合わせ機能

その他、各計測器の時計を定期的に合わせる機能を追加しました。
長期間ロギングしていると、各計測器の時計がずれてしまいます。時系列グラフで解析したいとき、このずれが原因で、正しく分析できないかもしれません。
今回のバージョンアップで、各計測器の時計を自動的に調整する機能を追加しました。

最新バージョンはV4.20

これらの機能は、GENNECT One バージョン4.20から利用可能です。
ぜひ最新のGENNECT Oneをお試しください。

>>GENNECT Oneのダウンロードはこちら