HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

記事一覧 : GENNECTブログ


GENNECT One ファイル取得機能を追加

公開日 : 2020年10月14日

GENNECT Oneにファイル取得(手動)機能を追加しました。

ファイル取得(手動)機能は、計測器に挿入したSDカード、USBメモリ、CFカードに保存されている計測器データファイルを、GENNECT Oneから直接アクセスし、ダウンロードする機能です。
LAN内にある計測器であるなら、計測器から離れた場所からでもダウンロードできます。
ダウンロードした計測器データファイルを、すぐに専用のデータ閲覧ソフトで詳細な解析できることは、今まで通りです。

測定現場に出向き、計測器からデータを回収するという手間がなくなるので、仕事の効率が上がります。
例えば、次のような場面で活躍できます。

  • 実験室にあるデータロガーや波形記録計から、大きな容量のデータをダウンロードする
  • 変電所で測定している電源品質アナライザから、イベントデータを取り出し解析する
  • 工場の各ラインに設置している電力計から、電力消費量のデータを回収し、報告書を作成する

ファイル取得(手動)機能は、GENNECT One V3.20以降で使用できます。
GENNECT Oneは無償ソフトウェアです。

>>ファイル取得(手動)についてさらに詳しく
>>GENNECT Oneの最新版のダウンロードはこちら

また、VPNとリモートデスクトップを組み合わせると、LANの外からインターネットを通じてファイルを取得できます。

>>VPNとリモートデスクトップによる外部からの接続についてさらに詳しく

間欠漏電の探査に最適!! イベント記録機能を追加

公開日 : 2020年10月13日

みなさま、こんにちは。
GENNECTシリーズのマーケティング担当をしています、宮田です。
GENNECT Crossに待望の新機能「イベント記録」が追加されました。(2020年10月現在、Android版のみ。iOS版は2020年12月にリリース予定)

この機能は主に、間欠漏れ電流の探査に使用します。
いつ起きるかわからない、間欠漏電の原因を見つけることは一苦労です。その現象を捉えることすら困難なときがあります。
波形記録計などの計測器を使用すれば測定できることもありますが、金額的にも、測定規模も、大掛かりになります。

GENNECT Crossの「イベント記録」機能を使用すれば、漏れ電流用クランプ電流計だけで間欠漏電を捉えることができます。
あらかじめ設定した、しきい値より大きな漏れ電流が発生したら、それを記録します。イベント記録を開始すると、記録中は計測器をGENNECT Crossに接続する必要はありません。

測定後、記録データをGENNECT Crossにまとめて回収できます。GENNECT Crossでは、複数台(最大16台)の記録データを、それぞれの時間軸を合わせてグラフ表示します。

「いつ」「どこで」「どのような」漏れ電流が発生したか、を把握するため、各イベントにおいて、次の3項目を記録します。

  1. 漏電が開始した時刻 (1s単位)
  2. 漏電が止まった時刻 (1s単位)
  3. その期間における漏れ電流の最大値 (測定時間100msの真の実効値。ギャップなし)

「イベント記録」機能により、捉えることが難しかった漏れ電流の経路がわかりますので、原因追究が捗ります。
ぜひ、みなさまの現場でお役立てください。

>>イベント記録機能についてさらに詳しく

クランプ電流計の使い方について再確認しましょう

公開日 : 2020年10月2日

みなさま、こんにちは。
GENNECTシリーズのマーケティングを担当しています宮田です。

現場でよくわからない事象を発見したとき、どのように問題を解決していますか?
その時は順序立てて確認していなくても、振り返ってみれば、おおよそ次のような過程で原因を追究していると思います。

  1. 現状把握して、原因の予測を立てる。
  2. 五感を働かせ、計測器で測定し、予測を検証する。
  3. 全ての現象や測定結果を説明できる、納得がいく原因を特定する。

ここで明らかなことは、間違った計測器の使い方で、間違った測定値を得たとすると、それは間違った結論を生み出すということです。時には、その結論から感電事故につながるかもしれません。

計測器は目に見えない電気を、見えるようにする道具です。正しい道具の使い方をまとめておくことは有用だと思い、ホームページを作成しました。
まずは、クランプ電流計の使い方、注意点について公開しました。今後、他の現場測定器についても記事を充実させていきますので、ご期待ください。

このページが少しでもみなさまのお役に立ち、現場の力がもっと強くなれば、と願っております。

>> 計測器の使い方のページはこちら

中国専用GENNECT Remote登場

公開日 : 2020年9月9日

皆様、こんにちは。
GENNECTシリーズ、マーケティング担当の宮田です。

GENNECT Remoteは日本国内専用のサービスでしたが、この度、中国専用のサービスを開始しました。

最初にお断りですが、この中国専用GENNECT Remoteは中国専用のサービスです。
「サイバーセキュリティ法」およびその関連法規に遵守して、ご利用ください。

 


測定現場への移動に多大な時間を費やしていることは、日本のみならず、世界で抱えている共通課題です。特に中国のように広大な国においては、日本では想像できない苦労があります。
電源品質、工場保守、研究開発などにおける測定の困りごともまた、共通課題です。
日本で得た遠隔計測のノウハウを中国でもきっと役立つことでしょう。

中国における測定業務の効率向上と品質向上を実現するためのツールとして、GENNECT Remoteが活躍できることを心より願っております。

>>中国専用GENNECT Remoteのホームページはこちら

GENNECTシリーズのバナーをリニューアル

公開日 :

こんにちは。
GENNECTシリーズのマーケティングを担当しています宮田です。

日置電機株式会社のホームページからこのGENNECTホームページへのバナーをリニューアルしました。
今日は、バナーで使用しています、GENNECTシリーズのコンセプトを表す絵を紹介します。



日置電機は、計測器を使うことによって今まで見えなかった電気が見えるようになったり、仕事の効率を向上できる提案をし続けてきました。
さらにGENNECTシリーズというIT技術を組み合わせることにより、計測器だけでは実現できなかったソリューションを提供できるようになりました。

GENNECTの語源は、「現場 (GENba) を、つなぐ (coNNECT)」です。これがGENNECTのコンセプトです。
様々な現場で、「つなぐ」ことにより、現場がもっともっと強くなる。効率が上がり、品質も上がる。
それらを1枚の絵に凝縮し表しました。

計測器は縁の下の力持ちと言われますが、計測器+GENNECTによりさらなる力を発揮します。
GENNECTシリーズが広く現場で使われて、皆様の仕事の効率が上がり、品質が上がる、そんなツールに成長できるように一層努力してまいります。
今後とも、よろしくお願いいたします。

GENNECT OneをVPN環境で操作する

公開日 : 2020年8月26日

こんにちは。
GENNECTシリーズのマーケティング担当の宮田です。

在宅勤務をするとき、社内のPCに接続するために、VPNを利用する機会が増えました。
GENNECT Oneの接続はLANに限定されるため、社外からGENNECT Oneを使用できません。しかし、もしGENNECT Oneをインストールした、社内にあるPCに、社外からVPN接続できるなら、GENNECT Oneを操作できます。

例えば、

  • 電源トラブルが発生したと連絡があったが、社外から測定データを見ることができず、対策できない
  • 外国の工場の電力消費を国内から監視したい
  • 実験中の測定データを自宅で取得し、報告書にまとめたい

などの課題に対して、GENNECT OneとVPN接続を組み合わせて使用して、解決できます。

GENNECT OneはVPNを利用して社外から接続することが可能ですが、クラウドサーバーを使った遠隔計測システムGENNECT Remoteもありますので、ご検討ください。

>>GENNECT OneのVPN接続についてさらに詳しく

研究施設向けGENNECT Remoteのチラシ

公開日 :

みなさま、こんにちは。
GENNECTシリーズのマーケティング担当の宮田です。

本日は、研究施設向けのGENNECT Remoteの新しいチラシを紹介します。

GENNECT Remoteの発売以来、様々な研究施設で使用されてきました。

  • 研究室から離れた測定現場のデータをいつでも確認できる
  • 測定データを共同研究者とリアルタイムに共有し議論できるので、研究のスピードが上がった
  • 測定現場に出張する時間、費用が削減できた

など、GENNECT Remoteを利用した効果について、声が届いています。

また、在宅勤務をする機会が増えてきていますが、いつでもどこからでも測定データを取得できることも大きなメリットです。

>>GENNECT Remoteについてさらに詳しく

GENNECT Crossの対応計測器に漏れ電流計と接地抵抗計を追加

公開日 : 2020年7月14日

みなさま、こんにちは。
GENNECTシリーズのマーケティングを担当しています宮田です。

今回紹介する計測器は、GENNECT Crossに対応した漏れ電流計と接地抵抗計です。
どちらの計測器も、GENNECT Crossに対応してほしい強い要望がありました。
みなさま、お待たせしました。

さて、計測器を紹介する前に、Bluetooth®通信機能を持つワイヤレスアダプタ Z3210を理解いただかなければなりません。

ワイヤレスアダプタ Z3210の紹介

今までGENNECT Crossに接続できる計測器は、Bluetooth®通信機能付きの現場測定器でした。全く同じ形状で、Bluetooth®機能なしの計測器もありますが、こちらはGENNECT Crossに接続できません。つまり、Bluetooth®通信機能付きとなしの2機種がありました。
これからは、計測器にワイヤレスアダプタ Z3210を接続することによりGENNECT Crossにつながります。Z3210の接続方法は簡単!! 計測器の電池フタを開けてZ3210を挿すだけです。
ぜひ、計測器とワイヤレスアダプタ Z3210をセットでお求めください。

従来の計測器も、新しい方式の計測器もどちらも、GENNECT Crossに同時に接続できます。

今後、ワイヤレスアダプタ Z3210を使用した新しい接続方法の現場測定器が多数ラインナップしていきますのでご期待ください。

ACリーククランプメータ CM4001

この計測器は狭い配電盤でもはさむことができるクランプ漏れ電流計です。今まではさめなくて測定できなかった箇所も、測定できます。
ワイヤレスアダプタ Z3210を挿すだけでGENNECT Crossにつながります。

現場測定のシーン

  • 漏電探査の報告書を現場で作成
    GENNECT Crossの写真図面測定機能は、写真や図面画像上に測定値を配置し、画像を保存する機能です。
    この機能を使って、各ブレーカーの漏れ電流を測定し、配電盤の写真上に配置していきます。
    現場で測定値と測定場所が一目瞭然な画像を作成し、これが報告書になります。もう報告書を作成する時間は必要ありません。
  • 間欠漏電を捉える
    GENNECT Crossのロギング機能を使えば、漏れ電流の時間推移をグラフで視覚的に知ることができます。
    これは、漏れ電流の原因追究に役立ちます。機器をON/OFFすることによる漏れ電流の変化や、間欠漏電を捉えることができます。

接地抵抗計 FT6031-50

ついに接地抵抗計もGENNECT Crossに対応し、現場作業がさらに楽になります。水洗いできる接地抵抗計として人気がある接地抵抗計 FT6031の測定機能はそのまま。ワイヤレスアダプタ Z3210を挿すだけでGENNECT Crossにつながります。

現場測定のシーン

  • 測定値を記録
    Bluetooth®通信で、接地抵抗値をGENNECT Crossに飛ばすことができます。測定場所をコメント保存しておけば、報告書を作成するときに間違えることはありません。
    もう紙にメモすることはありません。
  • 写真とともに測定値を保存
    GENNECT Crossの写真図面測定機能は、写真や図面画像上に測定値を配置し、画像を保存する機能です。
    測定中の写真や、接地端子の写真の上に測定値を配置して、報告書とします。




GENNECT Oneにダッシュボード機能を追加

公開日 : 2020年6月9日

GENNECT Oneにダッシュボード機能が加わりました。この機能はVer.3.10からご使用できます。

ダッシュボード機能とは、計測値をグラフィカルに表示する機能です。測定値の表示位置や背景画像などをカスタマイズできます。

次のような測定の悩みはないでしょうか?

  • 工場で、複数箇所の電力を測定しているとき、測定箇所と測定値が結びつかず、わかりにくい
  • 実験の測定において、ロガーや電力計で多点測定しているが、測定箇所がわからない

こんなとき、ダッシュボード機能が役立ちます。

ダッシュボード機能を使えば、お好みの背景画像の上に、測定値を自由に配置することができます。測定値は最速1秒間隔で更新されます(通信環境に依ります)ので、リアルタイムに測定値が更新されるグラフィカルな表示を構築できます。

工場の電力測定のダッシュボードを作成する例を考えてみます。
工場の見取り図を背景画像として配置します。複数箇所の電力を測定しているとき、工場見取り図上の測定箇所付近に、それぞれの測定値を配置します。
このようにすると、測定箇所と測定値が明確にわかるようになります。

工場が複数棟あったり、フロアが分かれているときは、複数のダッシュボードを登録してリンクを貼ることができますので、1クリックでダッシュボードを切り替えることができます。
見取り図の代わりに、電気設備の回路図を使っても、わかりやすくなりますね。

>> 「ダッシュボード(LAN内)」についてさらに詳しく

メモリハイロガーLR8450, LR8450-01に対応

GENNECT One Ver.3.10では、メモリハイロガーLR8450, LR8450-01を接続できるようになりました。GENNECT One全ての機能がLR8450, LR8450-01に対応しています。

LR8450は最大120チャネル, 最速1msサンプリングで測定できるロガーです。従来のHIOKIのロガーで好評であった、耐ノイズ性能をさらに強化し、高電圧・高周波がある環境でも安定して測定できます。
それに加えて、LR8450-01は、無線LANで、無線ユニットに接続することができます。LR8450-01から少し離れた箇所に測定点がある場合、無線ユニットで便利にロギングできます。最大330チャネルまで測定できます。

>> GENNECT Oneについてさらに詳しく

>> GENNECT Oneのダウンロードはこちら

オーム社「新電気」3月号: これで完璧!! クランプ電流計の使い方

公開日 : 2020年3月2日

オーム社の雑誌「新電気」3月号の特集は、「クランプ電流計を使いこなせ」です。


電気測定の基本ツールとしてクランプ電流計があります。電気工事のときも、電気保守作業のときにも、欠かせない測定器です。当たり前の測定器ですが、ここで一度立ち止まって、自問してみましょう。

「クランプ電流計を正しく使いこなしているだろうか?」

日常使用しているものの原理原則を復習してみると、意外な発見をして役立ったという経験はよくあることです。この特集記事ではクランプ電流計の原理から、測定器の種類、測定方法、現場で役立つ情報が網羅されています。ぜひご一読ください。

 

そして、特集記事の最後に「測定器の発展」として、GENNECT Crossの機能が紹介されています。テスターやクランプ電流計などの現場測定器は、測定値を表示するツールでしたが、Bluetooth®通信によりスマホに接続することにより、今まで考えられなかった測定器に変身できるようになりました。例えば、クランプ電流計で波形が見れたり、ロギングできたり、写真との連携機能であったり、現場作業が助かる機能ばかりです。
HIOKIのGENNECT Crossはこれらの機能を凝縮したiPhone/iPadとAndroid用の無償アプリです。

メリークリスマス!!

公開日 : 2019年12月19日

We wish you a merry Christmas and a happy new year.
GENNECTシリーズスタッフ一同

GENNECT One 英語、中国語サイト公開

公開日 :

こんにちは。
GENNECTシリーズのマーケティング担当の宮田です。

本日、GENNECT Oneの英語、中国語サイトを公開しました。

工場や研究室の各測定場所に、LANで接続された測定器を、一つに束ねて制御できるPCソフトが、GENNECT Oneです。今年10月に公開して以来、好評を得ています。
インターネットを使用せず、LAN内に限定していますので、厳密に言うとIoT(Internet of things)ではないかもしれませんが、1台のPCから複数台の測定器を制御できる利便性は、正にIoTです。仕事の効率が上がるばかりか、品質向上にも期待できます。
主なGENNECT Oneの機能は次の通りです。

  • ロギング機能: GENNECT Oneにつながった複数の測定器の測定データを、リアルタイムに1枚の時系列グラフにまとめます
  • 自動ファイル転送(LAN内): 測定器が作成した測定ファイルが自動的に転送され、GENNECT Oneにまとめます
  • 遠隔操作(LAN内): GENNECT Oneから測定器を遠隔操作できます

>> GENNECT Oneについてさらに詳しく

 

外国でも広く使用できると考えています。
例えば、日本の本社と外国工場の間にVPN接続などのセキュリティに優れた通信が確保されているとします。外国工場に設置された複数の測定器をGENNECT Oneで束ねてしまえば、そのPCに日本からリモート接続することにより、遠隔監視をすることができます。
クラウドサーバーを使用しませんが、GENNECT Remoteのような使い方ができて、非常に便利です。

こんな使い方を秘めたGENNECT Oneをこれからもよろしくお願いします。
無償ソフトですので、一度お試しいただけると幸いです。

>> GENNECT One 英語サイト

>> GENNECT One 中国語サイト