HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

記事一覧 : 活用事例紹介


オーム社「電気と工事」9月号にGENNECT Remoteの紹介記事

公開日 : 2019年8月30日

オーム社の雑誌「電気と工事」9月号に、GENNECT Remoteの紹介記事が掲載されました。


測定器とIoTの技術を組み合わせることにより、遠隔計測ができるようになります。現場に行かなくてもどこからでもリアルタイムに現場の状況を知ることができ、業務に様々なメリットを生み出すことができます。しかし、便利なものであるにもかかわらず、まだまだ普及していないことが現状です。

電気工事/保守市場をもっと活性化したい想いがある「電気と工事」編集部が、IoTの活用事例をまとめた記事になります。
題して、「測定器 x IoT 遠隔測定の基本と活用事例」です。

電気工事/保守市場で、遠隔計測が普及していない理由を考えてみると、次のようなことを思いつきます。

  1. どのような使い方ができるだろうか?
  2. 導入効果が上がるだろうか?
  3. 使いこなせるだろうか?
  4. ネットワークの知識がなくても、使えるだろうか?

これらの問いに答える記事となっています。

記事内の一例として、株式会社きんでん様がGENNECT Remoteを活用した事例が紹介されています。導入に到るまでの様々な障壁を下げるという思想で、GENNECT Remoteを開発して参りました。少しずつ現場で活用されつつありますが、もっともっと便利なIoTシステムを目指していきたいと思いました。

GENNECT Remoteのホームページに株式会社きんでん様のインタビューも掲載していますので、合わせてご一読ください。

信州大学 高村教授の活用事例を紹介

公開日 :

GENNECTシリーズ マーケティング担当の宮田です。

好評をいただいているGENNECT Remoteの活用事例の第3弾を公開しました。今回は、信州大学工学部建築学科の高村教授の事例です。


高村教授は、GENNECT Remote発売以前から遠隔計測に興味を持ち、実験に取り入れてきました。しかし、導入するときも運用するときにも、高度なネットワークの知識が必要で、とても扱えるものではないという経験がありました。

確かに従来の遠隔計測システムは、ネットワークを使用するのだから、導入時も運用時も当たり前のように専門の知識が必要でした。
ネットワークの責任者である情報システム担当者と、実験や測定する人が同一人物であれば、問題ないのですが、そんなことは稀なことです。この相反する関係をどのように解決するか?

  • 実験する人(導入したい人)の言い分: 「システムのことはよくわからないが、要望としてはただ一つ。測定データをほしいだけ」
  • 情報システム担当者の言い分: 「セキュリティを守るために、十分検証していないシステムを導入したくない」

従来のシステムでは、当然の結果としてうまく導入できません。
「あぁ、遠隔計測を使えば、実験の効率が上がるのになぁ、、、、。ネットワークの勉強するより、もっと実験したいなぁ、、、、。諦めるか、、、、。」

そこに現れるのがGENNECT Remoteです。
専門的なネットワークの知識を必要とせず、わずか5分で準備完了です。クラウドサーバーに溜まった測定データをブラウザで見ることができるので、通常のWebページを閲覧することと同じです。
これなら情報システム担当者もセキュリティなどを問題視しません。

GENNECT Remoteに出会うまで、様々な困難を体験をされた、高村教授の言葉には説得力があります。

> 信州大学 高村教授のGENNECT Remote活用事例はこちら

株式会社きんでん リニューアル工事の活用事例

公開日 : 2019年6月10日

みなさま、こんにちは。
GENNECTマーケティング担当の宮田です。

GENNECT Remoteのユーザーインタビュー第2弾として、株式会社きんでんの活用事例を公開しました。

電気設備の電気を測定することは、HIOKIが最も得意とすることです。長年にわたり、保守、トラブルの原因追求、省エネなど様々な用途で使用できる測定器を開発してきました。
また同時に長年にわたり、お客様から「現場に行かなくても測定値を見ることができればいいのに」と言う要望をいただいていました。
思い返せば、インターネットが普及し始めたころからですので、もう15年以上も経ちます。

そして、それがGENNECT Remoteにより実現できました。
通信ネットワークについて専門外の方でも、現場で簡単に設置できる遠隔計測がGENNECT Remoteです。

今回掲載しました活用事例は、まさに電気設備の電気測定です。電気設備のリニューアル工事をする前に、現状把握のため、1週間から10日間にわたり各変圧器の負荷変動を測定します。そして、測定結果を考察して、お客様の用途に合った省エネ性能が優れた電気設備を提案しなければなりません。
GENNECT Remoteがなければ、「現場に行かなくても測定値を見ることができればいいのに」という声が聞こえてきたことでしょう。

IoT活用による効果は、業務効率を向上させるだけではありません。時間を有効活用できると、お客様にとって、もっと価値ある提案を考え出すことができます。
計測を自動化することにより、本当に人が必要な仕事に十分時間をかけることができます。直接的な効果だけではなく、2次的な効果も出た好事例です。

> 株式会社きんでんのGENNECT Remote活用事例はこちら

東京海洋大学 波津久教授の活用事例紹介

公開日 : 2018年10月22日

こんにちは。
GENNECTシリーズ マーケティング担当の宮田です。

GENNECT Remoteのユーザーへ訪問して、実際の活用事例を紹介する新企画を始めました。

IoTという言葉が普及してしばらく経ちますが、まだまだその実例が紹介されることは少ないのが現状です。1つの理由として、IoTシステムの構築は専門的かつ幅広い知識が要求され、経営者サイドが考えているよりもずっと難しいということが挙げられます。
これに対し、GENNECT Remoteは遠隔計測に必要な通信インフラ、セキュリティ、アプリが全て含まれたオールインワンサービスであり、誰でも簡単に確実に使用できる計測システムを構築することが可能です。たったの5分で遠隔計測が開始できます。この利点のおかげで、GENNECT Remoteでは、既に多くの活用事例が集まってきています。

そこで、IoTを始めたいがどこから手をつけたら良いのか分からないという方々のために、実際のGENNECT Remoteの活用事例をご紹介して、具体的にどんな風に活用できるのかをお伝えしたいと考えました。

今回は第1弾として、東京海洋大学の波津久教授にご協力いただきました。
波津久教授が研究されている地熱発電では、地熱水を流す配管があります。地熱水(温泉水)にはミネラル成分が含まれるため、時間が経つにつれ配管内にスケール(湯の花)が堆積し、流れが悪くなります。結果として発電効率が悪くなるので、タイミングを見計らってスケールを除去する必要があります。波津久教授は、そのスケールを感知する非破壊センサーを研究されています。
GENNECT Remoteにより測定現場である長崎県小浜温泉と東京海洋大学を結び、リアルタイムでスケールの堆積状況を知ることができました。
研究現場からの生の声をお楽しみください。

> 東京海洋大学 波津久教授のGENNECT Remote活用事例はこちら