HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

記事一覧 : 対応計測器


JECA FAIR 2019 製品コンクールでクランプ電流計が受賞

公開日 : 2019年6月18日

みなさま、こんにちは。
GENNECTマーケティング担当の宮田です。

うれしい一報が届きました。
2019/5/22から24まで開催されていましたJECA FAIR 2019 (第67回 電設工業展)にて、GENNECT Cross対応測定器であるAC/DCクランプメーターCM4376が、一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞を受賞しました!!
このような名誉ある賞をいただき、大変うれしく思います。

このクランプメーターが受賞した理由は、なんといっても「狭い場所もはさむことができる」です。
最近の配電盤も分電盤もコンパクトに作られます。すると、電流を測定したくても、クランプセンサーが入らないということになります。省エネのためのダブル配線や、エコケーブルを使用して線材が太くなることも相まって、ますます測定できなくなってきました。

そこに目をつけたのが、AC/DCクランプメーターCM4376です。
「とにかく、はさめる。」
それ以外の言葉は必要ないです。


※ これはCM4376のクランプセンサーと全く同じ形状の測定器である、CM4375の動画です。

このクランプメーターCM4376の機能はそれだけではないのです。
太陽光発電(PV)システムの接続箱って狭いですよね??
CM4376は、交流電流も直流電流も測定できる上、直流電圧を1500Vまで測定できるので、PVシステムの測定でも大活躍できます。

もちろん、GENNECT Crossへの接続もできます。
標準測定機能、ロギング機能、波形表示機能、写真/図面測定機能を使えば、現場の仕事が楽になること間違いなしです。

>> クランプメーターCM4376の製品ページはこちら

>> 製品コンクール受賞製品一覧ページはこちら