機能

イベント記録


しきい値より大きな測定値を測定したことを、「イベントが発生した」と判定します。そのときの発生時刻、停止時刻、その期間の最大値をイベント毎に記録します。

例えば、次のような場面で役立ちます。

間欠漏電の原因追究 いつ起きるかわからない間欠漏電を捉えることは非常に大変です。イベント記録機能を使用すれば、間欠漏電が発生した時刻、終了した時刻、その大きさを記録できます。
電力量消費の調査 大きな負荷電流を一時的に消費しているときの、発生時刻、負荷電流の大きさを記録できます。

複数台(最大16台)の計測器からのイベント記録データをそれぞれグラフにして、時間軸を合わせて表示できます。各イベント記録データを見比べて、相間を知ることができます。

間欠漏電の探査の場合、配電ブレーカや分岐ブレーカにそれぞれ漏れ電流用クランプ電流計を設置して、イベントを記録します。各クランプ電流計が記録したイベントの時間軸を合わせて、グラフに表示できます。このグラフから、漏れ電流の経路を考察できます。

>>漏れ電流の探査についてさらに詳しく

記録中はGENNECT Crossへの接続の必要はありません。計測器単体で記録しています。記録を終了してから、GENNECT Crossに記録データをまとめて転送します。
この特徴により、

  1. 長時間測定するとき、計測器とともにスマートフォンやタブレットを現場に置く必要はありません
  2. Bluetooth®通信が届かない、少し離れた分電盤などで測定しても、1つのグラフにまとまります

イベント発生の判定方法

ACリーククランプメータCM4001の場合で説明します。
CM4001は100ms毎に波形を実効値に演算しています。100msというと、50Hzの場合は5波長分、60Hzの場合は6波長分ということになります。
記録中は、全ての波形を測定し、100ms毎に演算していますので、小さな変化も取りこぼしがありません。(ギャップなし)
各実行値としきい値の大きさを比較して、イベント発生の判定をしています。

イベント記録機能は、100ms毎のイベントを記録するのではなく、最小時間単位1sで記録します。
つまり、1s内にある10個の実行値から、イベントが1つでも検出されると、その1sをイベントが発生した期間と記録します。
次の1sにも連続したイベントが発生しているなら、それは1つのイベントとして数えられます。

1つのイベントに対して、

  1. イベント発生時間
  2. イベント終了時間
  3. イベント期間の最大値(100ms毎の実行値の最大値)

を記録しています。

操作方法

イベント記録機能は次の手順で操作します。

  1. しきい値と記録時間をGENNECT Crossで設定する
  2. 計測器を設置する
  3. GENNECT Crossの「記録開始」ボタンをタップして、記録を開始する。
    測定中は、計測器をGENNECT Crossに接続する必要はありません。
  4. 記録が終了したら、計測器をGENNECT Crossに再接続して、記録データを回収します

対応計測器

ワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)対応機種 ※

※ 計測器にワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)を接続してBluetooth®通信をします。

Wireless Adapter Z3210