機能

バッテリ


UPSなどの非常電源には大量のバッテリが使用されています。バッテリテスタ BT3554は、バッテリ1つずつの内部抵抗と電圧を定期的に測定し、劣化状態を判定できる計測器です。
GENNECT Crossのバッテリ機能を使用すれば、各バッテリの測定値と、バッテリの種類により異なるしきい値を、より効率的に取り扱うことができます。また、測定現場で測定ミスを軽減する、測定記録音声ガイド機能もあります。(BT3554-50)

バッテリテスタ BT3554のデータ管理

BT3554の内部メモリに測定データは、ユニットという単位で管理しています。1ユニットはUPS、蓄電システム、電気室の蓄電池盤などの括りを想定していて、12ユニット保存できます。バッテリの内部抵抗、電圧、温度の3つの測定値を1データとして、1ユニットあたり500データまでです。
劣化状態を判定するしきい値は200種類まで保存できます。しきい値は内部抵抗の警告(Warning)判定値と不合格(Fail)判定値、電圧の不合格(Fail)判定値の3つの値から構成されます。

リアルタイム判定

バッテリテスタで測定した値がGENNECT Crossに保存されます。数値表示のみならず、グラフ表示で視覚的に表示することができます。各電池のばらつきも視覚的に見ることができます。
GENNECT Crossで保存したデータはメールやクラウドで共有したり、報告書を作成することができます。

測定記録音声ガイド (BT3554-50のみ)

大量のバッテリを間違いなく測定することは大変です。例えば、測定が終了した後、バッテリの台数と、測定数が一致していないことがわかれば、最初から測定しなければなりません。
GENNECT Crossの測定記録音声ガイドは、測定結果と次の測定番号を読み上げる機能です。バッテリテスタの画面を確認しなくても、音声により測定結果と測定箇所を確認することができるため、測定に集中でき、間違いを軽減できます。

現場名称やバッテリ情報を保存 (プロファイル情報機能, BT3554-50のみ)

現場名称、バッテリ名称、バッテリセルの数の情報をまとめて管理できます。これらの情報をプロファイル情報と呼びます。プロファイル情報はBT3554-50のみの機能です。
プロファイル情報と測定データを関連付けて保存することにより、現場で測定するときも、後から測定データを見直すときも、間違いを軽減し、作業が捗ります。

プロファイル情報

位置情報 現場名称など測定位置に関する情報
デバイス情報 バッテリの種類、バンク名称、盤名称などバッテリに関する情報
バッテリ番号 バッテリに割り振られている番号

プロファイル情報を測定データと関連付ける方法は以下の通りです。

  1. プロファイル情報をGENNECT CrossやGENNECT Oneで編集して保存します。
  2. プロファイル情報を、BT3554-50に転送します。GENNECT Crossから転送する場合は、Bluetooth®通信で、GENNECT Oneから転送する場合は、USBを使用します。
  3. BT3554-50で、プロファイル情報を選択して、測定を開始します。
  4. プロファイル情報と測定データが関連付けられて保存されています。GENNECT CrossまたはGENNECT Oneで測定データを閲覧できます。

一括ダウンロード

GENNECT Crossを接続せずに、従来通りにバッテリテスタのみを使用して測定した場合、バッテリテスタの内部メモリに保存した測定値を一括してGENNECT Crossにダウンロードすることができます。
GENNECT Crossで保存したデータはメールやクラウドで共有したり、報告書を作成することができます。
※ 500データあたり240〜300秒程度の時間がかかります。

GENNECT Oneでさらにデータ管理

GENNECT Crossに保存したデータは、メールまたはクラウド経由でPC(Windows)にデータ転送できます。
GENNECT Oneを使用すれば、データ閲覧や報告書作成はもちろんのこと、過去のデータとの比較グラフを作成することができます。


対応測定器

ワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)対応機種 ※

※ 計測器にワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)を接続してBluetooth®通信をします

Bluetooth®︎通信機能内蔵機種

関連コンテンツ