機能

ベクトル


検相の結果を視覚的に確認できます

ベクトル機能により、電圧計付検相器PD3259-50 (ワイヤレスアダプタZ3210を使用)で測定した結果を、ベクトル図で表示し、視覚的に確認できます。

電圧不平衡率、位相も確認できます

ベクトル図の他、電圧不平衡率、位相も確認できます。(標準測定機能とロギング機能でも確認できます。)

動力ラインの各相に接続した負荷のバランスの悪化や、異容量V結線方式の電源システムで、不平衡状態になることがあります。三相誘導モーターの回転ムラや騒音、トルクの低下、3Eブレーカのトリップ、トランスの過負荷発熱、コンデンサ平滑形整流器の損失増加などにつながることがあります。
電圧不平衡率が概ね3%以上で、電源品質の問題が発生する可能性が高いと言われています。

また、電圧不平衡率の変動を測定したいときは、GENNECT Crossのロギング機能で、グラフ表示できます。
電圧計付検相器PD3259-50の連続使用時間は、約4時間です。(LCDバックライトオフ、ワイヤレスアダプタZ3210装着、無線通信時、待機状態にて)

>>ロギング機能についてさらに詳しく

対応測定器

ワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)対応機種 ※

※ 計測器にワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)を接続してBluetooth®通信をします

関連コンテンツ