機能

ワイヤレスアダプタZ3210


ワイヤレスアダプタZ3210に対応した計測器に、Z3210を取り付けるだけでBluetooth®通信機能を得ることができます。
取り付けは簡単で、計測器の電池カバーを外して、Z3210を差し込むだけです。電池交換と同じ手順で取り付けることができます。
通信機能が不要なときは、他の計測器にZ3210を付け替えて、使用できます。

>> Z3210対応計測器の一覧はこちら

もちろん、新方式と従来方式の計測器を混在して、GENNECT Crossへ接続することができます。

メリット

  1. 後から追加できる。付け替えることができる
  2. Excelに測定値を直接入力できる
  3. 計測器をバージョンアップできる

1. 後から追加できる。付け替えることができる

ワイヤレスアダプタは、取り付けも取り外しも、簡単にできます。
Bluetooth®通信を使って業務改善に取り組みたい、そのときに、ワイヤレスアダプタZ3210を追加購入して取り付けることができます。

>> Z3210対応計測器の一覧はこちら

また、現場の測定作業に応じて、Z3210を付け替えて、Bluetooth®通信機能を使用できます。例えば、昨日は電流を記録する作業があったのでクランプ電流計にZ3210を挿入していたが、今日は絶縁抵抗計を使用するのでZ3210を付け替える、ということができます。

ワイヤレスアダプタを挿入するための端子は、電池ボックスの近くにあります。つまり、電池交換と同じ手順で、簡単にワイヤレスアダプタを取り付けることができます。

2. Excelに測定値を直接入力できる

Excelに測定値を直接入力できる、HID (Human Interface Device)機能があります。
計測器のHOLDボタンを押したタイミングで、測定値をPCに送り、Excelに入力されます。

>> Excelに出力されるフォーマットについてさらに詳しく

HID機能を使ってBluetooth®通信接続しているとき、PCやスマホは、計測器をキーボードとして認識しています。よって、Excelだけではなく、Wordやメモ帳などキーボードで文字入力するソフトウェアなら、測定値を入力することができます。

3. 計測器をバージョンアップできる

GENNECT CrossとZ3210を介して、計測器のファームウェアバージョンを最新状態に更新できます。
今後、機能アップや機能改善のためファームウェアを公開していく予定です。

>> 計測器のバージョンアップについてさらに詳しく

対応計測器

ワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)対応機種 ※

※ 計測器にワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)を接続してBluetooth®通信をします






ワイヤレスアダプタZ3210が付属したセット品もあります