活用事例

漏れ電流の原因を突き止める

写真/図面イベント記録

漏れ電流は大きく分けて、次の2種類があります。

漏れ電流の種類 原因として考えられる要因 漏電ブレーカの作動
常時流れる漏れ電流 電気機器の絶縁不良
配電設備の絶縁劣化
  • 作動した場合: 再投入できない
  • 作動しなかった場合: 作動電流より小さな漏れ電流が流れ続けるため、潜在的な問題がある。あるいは、漏電警報機が鳴り続ける
間欠漏電: 不定期に瞬時的に流れる漏れ電流 機械や人が動いたときなど、様々な原因がある。 作動しても、あたかも漏電の問題がないかのように再投入できる。

どちらの漏れ電流でも原因を取り除くために、配電盤、分電盤、機器というように、上流から末端に原因となる箇所を絞り込んでいきます。通電状態ですと漏れ電流を、停電状態ですと絶縁抵抗を測定します。
ここでは、GENNECT Crossを使った、原因追究の方法を説明していきます。

常時、漏れ電流が流れていることを記録、報告する

漏電ブレーカが作動している場合

漏電ブレーカが作動しているなら、原因となる回路が停電状態になっているので、漏れ電流を測定することはできません。

>>写真/図面測定機能による報告書作成についてさらに詳しく

漏電ブレーカが作動していない場合

漏れ電流用クランプ電流計で漏電ブレーカに流れる電流を測定すると、漏電ブレーカの作動電流には達していないけれど、大きい値を示すことがあります。または、漏電警報機が鳴ることもあります。
近い将来に漏電ブレーカが落ちるほどの漏れ電流が発生する可能性があるので、その原因を調査しておく必要があります。

漏電ブレーカが作動していないということは、それ以下の回路は通電状態であるので、漏れ電流用クランプ電流計で測定できます。
各分岐回路の漏れ電流を測定していきます。
このとき、GENNECT Crossの写真/図面測定機能が非常に役立ちます。
配電盤や分電盤の写真を撮り、写真上のブレーカ付近に漏れ電流の測定値を配置していきます。この写真がそのまま、報告書として活用できます。

常時、一定な漏れ電流が流れているなら、瞬時値を記録すればいいです。もし変動しているならば、最大値を測定すれば傾向をつかむことができます。
クランプ電流計には、統計測定モードがあります。表示値として、瞬時の値が更新されるのではなく、測定を開始してから、最大値、最小値、平均値を表示します。

間欠漏電を捉える

間欠漏電とは、まれに瞬時的な漏れ電流が発生し、それ以外のときは正常状態である漏電をいいます。漏電ブレーカが作動したとしても、再投入できることが多いです。しかし、発生源を改修できていないので、忘れた頃に漏電ブレーカが落ちます。
原因は非常にわかりにくいことが多いです。例えば、被覆の一部が絶縁劣化した電線を動いたり、踏んだりしたときだけ、金属部に触れて漏電するなど、動作をともなう原因があります。

間欠漏電はこのような特徴があるので、問題となる分岐回路を見つけるには、長期間にわたり漏れ電流を測定し、間欠漏電が発生するまで待たなければなりません。
従来なら、波形記録計やデータロガーを使って長期測定していました。その代わりに漏れ電流用クランプ電流計とGENNECT Crossのイベント記録機能で、間欠漏電を捉えることができるようになりました。

>>イベント記録機能についてさらに詳しく

測定例

ここでは話を単純化するため、図のようなホーム分電盤のような小さな単相盤で説明します。
この漏電ブレーカーが不定期に度々作動して、悩まされています。漏電ブレーカーが作動後、復電できることから、間欠漏電の疑いがあると判断しました。どの分岐回路が問題なのかを見つけて、改修したいです。
そこで、GENNECT Crossのイベント記録機能を使って、問題となる分岐回路を絞り込みます。

1. しきい値と記録時間をGENNECT Crossで設定する

まず、イベント記録機能のしきい値を決めます。イベント記録機能は、しきい値以上の漏れ電流が発生したとき、その開始時間、終了時間、漏れ電流の最大値を記録します。つまり、しきい値の設定が重要になります。
イベント記録機能について詳しくは次のページを御覧ください。

>>イベント記録機能についてさらに詳しく

しきい値を決めるために、次のような要素があります。

※ CM4001のイベント記録件数は、最大99件。CM4002, CM4003は999件です。

電池駆動の計測器ですので、少しでも長く測定できるように、次のことを確認してください。

※ CM4001の連続測定時間は約1日。CM4002とCM4003は約2日。CM4003はACアダプタでも駆動可能です。

GENNECT Crossと計測器を接続し、しきい値と記録時間を設定します。

2. 計測器を設置する

サービスブレーカーの2次側には、CM4002またはCM4003(クランプセンサの径: φ40mm)を設置します。分岐回路には、センサの口径が小さいCM4001(φ24mm)を設置します。

3. GENNECT Crossの「記録開始」ボタンをタップして、記録を開始する。

記録を開始しますと、計測器をGENNECT Crossに接続する必要はありません。計測器のBluetooth®通信機能をオフにすると電池寿命が延びるので、記録時間が長くなります。

4. 記録が終了したら、計測器をGENNECT Crossに再接続して、記録データを回収します

設定した記録時間が終了しますと、計測器は記録を停止します。もしイベントデータを1件でも記録した計測器は、LCDのバックライトが赤色に光ります。
計測器のBluetooth®通信機能をオンにして、GENNECT Crossに接続します。計測器に記録されたイベントデータをGENNECT Crossで回収すると、すぐにグラフ表示されます。

今回使用した、4台の漏れ電流計で記録したイベントデータを、時間軸を合わせてグラフ化されます。イベントデータ(発生時間、終了時間、最大電流)から、例えば次のようなことが考察でき、間欠漏電の原因追究に役立ちます。

>>イベント記録機能についてさらに詳しく

それでも解決できない場合は電力計または波形記録計

もっと長期間測定したいときや、詳細に測定したいときは、従来通りの電力計や波形記録計を使用した測定となります。
CM4003は、波形や実行値を出力する機能がありますので、その出力信号を電力計や波形記録計で記録して、詳細な測定をできます。また、ACアダプタで駆動しますので、長時間に亘る測定も安心です。

もし、間欠漏電が発生したらすぐに知りたければ、遠隔から監視できるGENNECT Remoteを組み合わせることができます。漏電が発生すると、警報メールを受信し、遠隔地からでも知ることができます。

>>GENNECT Remoteを使用した遠隔監視方法についてさらに詳しく

対応計測器

ワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)対応機種 ※

※ 計測器にワイヤレスアダプタ Z3210 (オプション)を接続してBluetooth®通信をします