機能

セキュリティ


大切なデータを安全に保存するために、GENNECT Remoteはセキュリティを考慮したネットワークを構築しています。

測定データのクラウドへのアップロード(閉域携帯電話網と暗号化通信を使用)

GENNECT Remoteのゲートウェイと携帯電話会社間の通信経路は閉域携帯電話網を使用しています。インターネット網を使わない閉じたネットワークによる通信をしています。
また、ゲートウェイからクラウドサーバー間の通信は暗号化されています。閉域携帯電話網においては、暗号化された3G、携帯電話会社からクラウドサーバー間はHTTPS通信またはMQTTS通信を使用しています。
このようなセキュリティ対策により、ゲートウェイを攻撃されたり、通信途中で盗聴されたり改ざんされるリスクを軽減しています。

クラウドからのダウンロード (暗号化通信を使用)

GENNECT Remoteの全ての操作は、webブラウザを使用します。クラウドサーバーに保存されたデータをダウンロードする操作もwebブラウザを使用します。
クラウドサーバーとPC間の通信はHTTPS通信で、暗号化されていますので、盗聴・改ざんのリスクを防ぎます。
また、ホームページを見ることと同じ通信経路でGENNECT Remoteを操作できることが大きな特長です。つまり、オフィスで操作したいとき、社内イントラネットのセキュリティポリシーを変更することなく使用することができます。

全ての機能において暗号化通信

GENNECT Remoteはインターネットを通る経路は全て暗号化していますので、第三者による盗聴・改ざんを防ぎます

 

機能 セキュリティ対策
遠隔モニター・遠隔ロギング MQTTS通信
遠隔ファイル取得 HTTPS通信
遠隔操作 測定器-クラウド間: 使用時のみSSHトンネルを生成。(内部はHTTP通信)

クラウド-PC間: HTTPS通信

遠隔操作も暗号化通信

遠隔操作するとき、PCから測定器までの通信経路を全て暗号化しています。
測定器からは暗号化されていないHTTP通信にしか対応していないので、測定器とクラウド間は暗号化できないリスクがありました。GENNECT Remoteでは、測定器とクラウド間に暗号化されたSSHトンネルを生成し、その中でHTTP通信をすることにより、安全に遠隔操作することを実現しています。
遠隔操作機能を使用しないときはこの通信経路は閉じられますので、サイバー攻撃されることはありません。

関連コンテンツ