活用事例

停電の影響を把握し、初動対応の品質を上げる

遠隔操作遠隔ファイル取得

落雷や台風などの天災や、事故が原因で、電力会社の送電が停止することがあります。データセンターや工場のみならず、どのような建物でも停電は多大な被害を受けるので、電気設備の管理者は、万全な対策をとっておきたいものです。
しかし、停電の影響度を把握して、対応を決定することは容易なことではありません。判断するための情報が不足しているため、次のような弊害が起こります。

電源品質アナライザとGENNECT Remoteを使用した場合

電源品質アナライザ(以下、PQA)とGENNECT Remoteを使えば、停電が発生してすぐに詳細な情報を関係者に共有でき、初動が早くなります。

システム構成

PQA

引き込み口や各変電設備にPQAを設置して、停電イベントを監視します。もちろん、他の電源品質イベントも同時に監視できます。
特別高圧受電の場合は、PQAを直接接続することができません。PTやCTで低圧に落とした箇所で測定してください。

ゲートウェイ

PQAとゲートウェイをLAN接続するだけで、クラウドサーバーに接続完了です。
GENNECT RemoteのPro版が必要になります。(遠隔ファイル取得機能と遠隔操作機能を使用するため)

PQ One

Windows PCにPQ One(PQA付属のWindowsソフト)をインストールしてください。PQAの測定ファイルを閲覧するために必要です。

監視方法

電力会社の停電か、自社内の停電か

  1. PQAが電源品質のイベントを測定すると、詳細な測定ファイル(波形ファイル)がクラウドサーバーに転送されます。その後、電源品質イベントが発生したことを通知するメールが配信されます。
  2. まず、電力会社のホームページで停電情報を確認します。もしその情報と、PQAが測定した停電時刻と同時刻であれば、電力会社の責任の送電停止である、と問題を切り分けることができます。もし同時刻の停電がなければ、自社内の漏れ電流などが原因で停電したかもしれません。
  3. 次に、PQAで測定した停電発生時の波形を見て、影響を把握します。

詳細波形を確認

事務所でメール通知を受けたときはPQ Oneですぐに測定ファイルを見ることができますが、外出中なら見ることができないかもしれません。ここでは2通りの場面に分けて説明します。

(1) PQ Oneで閲覧する場合

PQAで測定した測定ファイルを閲覧するためには、PQ One(PQA付属のWindows用ソフト)をインストールしたPCが必要です。

  1. ブラウザで、GENNECT Remoteにログインします。「遠隔ファイル取得」機能の測定ファイル一覧より、停電の測定ファイルを選択してダウンロードします。
  2. ダウンロードした測定ファイルをPQ Oneで開きます

※ PQ3198の測定ファイルを取得するには、一度測定を停止する必要があります。

>> 「遠隔ファイル取得」についてさらに詳しく

 

(2) ブラウザで閲覧する場合

PQ Oneを使用できない場合、測定ファイルをダウンロードするのではなく、ブラウザより「遠隔操作」機能を使用します。PQAを遠隔操作し、PQA内に保存されている測定ファイルを直接見ることができます。

  1. ブラウザで、GENNECT Remoteにログインします。「遠隔操作」機能で、PQAに接続します。
  2. 遠隔操作機能では、ブラウザ上に表示されるボタンを押すことにより、PQA本体のボタンを押すことと同様の操作できます。つまり、そのボタンを操作して、PQA本体でイベント波形を見ることができます。ただしダウンロードはできませんので、ブラウザのスクリーンショットを撮るなどして分析にお役立てください。

>> 「遠隔操作」についてさらに詳しく

対策を協議する

停電イベントの波形の記録長は、0.2秒間(50Hzで10波分。60Hzで12波分)です。波形を見て、停電の期間、波高、サイクルを把握することができます。
そして、複数人のメールアドレスを通知メールの通知先として登録することにより、一斉に情報共有できるので、円滑に対策を協議することができます。その結果、初動対応の品質が上がり、かつ迅速に実行できるようになります。

対応測定器