活用事例

配電設備リニューアル工事前の負荷調査

遠隔モニター遠隔ロギング

配電設備のリニューアル工事では、数十年前の設備をそのまま新しい設備に置き換えるだけとは限りません。
予備調査をしたときに次のようなことを発見し、現状把握に時間がかかると感じたことはありませんか?

各分岐回路の負荷電流の大きさがわからなければ、設計できませんよね? そこで、各分岐回路の負荷電流の変動を1週間ぐらい測定することになります。
GENNECT Remoteを使用すれば次のような大きなメリットがあり、効率よく現状を把握できて設計に活かすことができます。

  1. 5分でつながる遠隔計測サービス
  2. いつでもリアルタイムに負荷変動グラフを見ることができる
  3. ロギングデータをすぐにグラフ化して報告書を作成することができる
  4. 現場への訪問回数を削減できる

これから数十年間使用する配電設備を高品質に設計するためには、効率よく設計に反映させるデータを収集することが重要です。

電流ロガーで負荷電流をロギングする

クランプ電流計を使用して負荷電流を測定できますが、その測定値はクランプ電流計を挟んだときの瞬時値でしかありません。負荷電流の現状把握をするためには、電力計や電流ロガーを使って、1週間ぐらいの変動をロギングする必要があります。
瞬時値の情報だけで新設備を設計することは頼りないです。やはり長期間の変動傾向を把握して、設計要件にインプットすることにより、品質が上がります。

また、測定前のお客様への聞き取り調査として大電流を消費する機器の有無を確認し、その機器を使用した時間を記録していただくことにより、さらにロギングデータは信頼性が上がり、設計の手助けとなるでしょう。

リアルタイムに負荷変動グラフを見る

GENNECT Remoteを使用すれば、現場に行かなくても事務所から負荷変動をリアルタイムに監視することができます。電流ロガーの測定値を1分間隔のモニター値としてWebブラウザーで見ることができるようになります。
GENNECT Remoteの接続や設定がむずかしいのではないか、と考えられるかもしれませんが、GENNECT Remoteは「5分でつながる遠隔計測サービス」です。現場で煩雑な接続作業をすることなく設置することができます。

後述のクランプオンパワーロガーPW3360, PW3365で測定する場合、モニター値として最大値、最小値、平均値、瞬時値から選択することができます。ワイヤレスクランプロガーLR8513の場合、モニター値は瞬時値となります。

(※ GENNECT Crossには、クランプ電流計とスマホでロギングする機能があります。>> 詳しくはこちらのページをご覧ください)

ロギングデータを即座にグラフ化

GENNECT Remoteを使わずに複数の測定器を使用して負荷電流をロギングする場合、次のような手順でグラフ化する必要があります。

従来方法のグラフ化手順

  1. それぞれの測定器から測定ファイルを回収し、PCに保存する
  2. 各測定ファイルをExcelで開く
  3. 各測定ファイルを1枚のシートにまとめて、各フォーマットに応じて時間軸を合わせる等、手作業で編集する
  4. グラフ化する

以上のようにグラフ化するためには煩雑な手順が必要になります。また測定ファイルを回収するために現場へ訪問しなければなりません。

GENNECT Remoteを使用すれば、全ての測定値が1分間隔のロギング値としてクラウドサーバーに保存されています。よって、Excel上で各測定ファイルのフォーマットを揃えたり、時間軸を合わせたりする編集作業が一切なくなります。
Webブラウザでリアルタイムにグラフを見ることもできますが、ここでは報告書作成を想定してExcelでグラフを作成する手順を示します。

GENNECT Remoteを使用したグラフ化手順

  1. WebブラウザでGENNECT Remoteにアクセスする
  2. CSVファイルをダウンロードする
  3. CSVファイルをExcelで開く
  4. グラフ化する

以上の操作で簡単にグラフ化することができ、作業の時間短縮につながります。

GENNECT Remoteによる訪問回数の削減

GENNECT Remoteを使用するもう一つの大きなメリットがあります。それは訪問回数を減らすことができることです。訪問回数が減れば、お客様に取っていただく対応時間が短くなることにつながります。
現場に行かなくても、いつでも負荷電流の状態を把握でき、いつでもダウンロードしてExcelで開くことができます。データ回収のために現場に行く必要がありません。

従来方法 GENNECT Remoteを使った場合
1回目の訪問 聞き取り調査
回路図面の確認
測定器取り付け
聞き取り調査
回路図面の確認
測定器取り付け

事務所でモニター値をリアルタイムに見ることができる。
負荷傾向がわかれば、計画した測定期間中でも設計することができる


報告書作成と設計

2回目の訪問 測定器を回収 測定器を回収
新設計をお客様に説明
報告書作成と設計
3回目の訪問 新設計をお客様に説明 工事開始
4回目の訪問 工事開始

もし計画している測定期間の途中で負荷変動の傾向がわかれば、測定を途中で切り上げて、すぐに設計を始めることができます。従来方法の場合は、測定が終了して設計というように順番に作業しなければならないことを考えると、大幅な時間短縮が期待できます。

電流ロガーの構成

最後に負荷電流を測定する電流ロガーの構成について、説明します。
GENNECT Remoteにつながる電流ロガーは次の3機種になります。分岐回路数に合わせて、これらの測定器を組み合わせて選定してください。
必要ならば、温度や湿度、電力量や漏れ電流なども同時モニタリングすることも可能です。

チャネル数 接続方法 接続台数 備考
3チャネル LAN LAN接続とBluetooth®ダイレクト通信(最大6台)と合わせて最大8台。

Basic版
最大32チャネル
Pro版
最大128チャネル

モニター値として最大値、最小値、平均値、瞬時値から選択できます。


電力計ですが、3チャネルの電流ロガーとしても使用できます

(長期測定にはワイヤレスミニロガー用ACアダプタZ2003を併用ください。)

2チャネル Bluetooth®直接接続 モニター値は瞬時値のみです。


Bluetooth®直接接続は最大6台ですが、LR8410を使ってチャネル数を拡張することができます