活用事例

間欠漏れ電流を遠隔から監視

遠隔モニター遠隔ロギング

電気保守で最も頭の痛い作業は、漏電の原因追求ではないでしょうか?その中でも一番困ることが、間欠的な漏電の場合です。

定常的な漏れ電流であれば、漏電ブレーカーが作動したり、漏電警報機が鳴ったり、漏れ電流用クランプ電流計で測定できたり、明らかな現象があります。現場に急行して調査すると、分電盤の分岐回路まですぐに追い込むことができる場合が多いです。例えば、ブレーカーを切って絶縁抵抗を測定することにより、不良回路がわかります。そこから末端の原因までを追求することはむずかしいこともありますが、間欠漏電の比較にもなりません。

なぜ間欠漏電の原因追求がむずかしいのでしょうか?
それは瞬間的にしか漏電しないことにあります。
漏電を検知した連絡があり、現場に急行するも、測定すれば漏れ電流はなく全くの正常な状態にあります。ブレーカーを切って、絶縁抵抗を測定しても、そのときには漏電しておらず、正常な回路になっています。もし運良く分岐回路を特定できても、原因となるケーブルや機器を見つけることはむずかしいです。漏れ電流が瞬間的にしか発生しないということは、機器の特定の操作をしたときや、被覆が劣化したケーブルが動いたとき、ケーブルの上に台車が通ったときなど、動作を伴う原因が多いので困難になります。

配電盤の絶縁監視装置は間欠的な漏れ電流も検知して、警報を発することもできますが、どの分岐回路で発生したか、情報はありません。分岐回路に漏れ電流を測定できるロガーを一時的に設置して、発生経路を特定していくという方法が、地道ですが確実な方法と言えそうです。

定常的な漏れ電流 間欠的な漏れ電流
特徴 機器の故障やケーブル劣化などで常に漏れ電流が発生している 瞬間的な漏れ電流が発生している
検出方法 目視、漏電用クランプ電流計による漏れ電流測定。絶縁抵抗測定。 ロガーによる長期測定

 

間欠漏電を監視する

間欠漏電の故障点を見つけるために、漏れ電流を監視する必要があります。監視するためにはどのような要件があるでしょうか?

要件 解決法
漏れ電流を正しく測定する 漏れ電流用クランプセンサで測定する。
漏れ電流は微小な電流であるため、負荷電流用クランプセンサでは正しく測定できません。
間欠漏電を検知する 瞬間的な漏れ電流を逃さず検知するために、測定サンプリングが早いロガーを使用するか、最大値を記録できるロガーが必要です。
多点で同時測定する どの分岐回路から漏れ電流が発生するか知りたいので、多チャネルロガーが必要です。
間欠漏電が発生するとすぐに連絡がある 測定システムからメールなどで連絡があれば、初動が早くなる。

このような要件を満たすように、GENNECT Remoteでは漏れ電流を遠隔測定するシステムを構築することができます。

電力ロガーで漏れ電流を3チャネル測定

HIOKIのクランプオンパワーロガーPW3360またはPW3365は電力計です。これらの測定器には、電圧測定せずに、3チャネルの電流をロギングする機能があります。ここに漏れ電流用のクランプセンサ9657-10または9675を使用すれば、電力計が3チャネル漏れ電流ロガーとして使用できます。電力計ですから高速に測定できるため、間欠漏電を取りこぼすことはありません。
GENNECT Remoteを使用すれば、漏れ電流の測定値をどこからでも見ることができます。電力計をゲートウェイに接続するだけで、1分間隔のモニター値として遠隔地からリアルタイムに監視することができます。モニター値として最大値、最小値、平均値、瞬時値から選択することができます。各チャネルの電流最大値を監視することにより間欠漏電を捉えることができます。
1台の測定器で3チャネル分の漏れ電流を測定できます。1ゲートウェイあたり8台の測定器が接続できるので、8台 x 3チャネル = 24チャネルを同時測定できることになります。
またしきい値を設定しておけば、漏れ電流がしきい値を超えたとき、メールが送られてきます。現場で発生したことをすぐに知ることができます。

ワイヤレスクランプロガーで漏れ電流を2チャネル測定

ゲートウェイにBluetooth®で接続できるワイヤレスクランプロガーLR8513を使用すれば、2チャネルの漏れ電流を遠隔モニターすることができます。(長期測定にはワイヤレスミニロガー用ACアダプタZ2003を併用ください。)
ただし、電力ロガーによる計測は高速ロギングしているので取りこぼしがないことに対して、ワイヤレスクランプロガーの場合は測定していない期間があります。0.5秒より短い間欠漏電が起きると取りこぼしが起きる可能性がありますのでご注意ください。また、モニター値は瞬時値となりますので、このことも取りこぼしが起きる理由となります。
電力ロガーとワイヤレスクランプロガーを組み合わせて監視して、適材適所で測定器を選んでご使用ください。