HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

タグ別記事一覧 : 受賞

クランプメータが2019年度グッドデザイン賞受賞

更新日 : 2019年10月7日

GENNECTシリーズのマーケティング担当の宮田です。

またもや、うれしいお知らせが入ってきました。
狭い配電盤でも挟みやすいと好評のクランプメータ、「AC/DCクランプメータ CM4375, CM4376」と「ACクランプメータ CM4141, CM4142」が、2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。
「AC/DCクランプメータ CM4376」は、JECA Fair 2019にて、一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞も受賞しましたので、二冠となります。

現場で使いやすい測定器だからこそ、GENNECT Crossのようなアプリが活躍できると考えています。
このクランプメータが解決しようとしたことは、最近の省スペース化した電気配線で、クランプメータをはさむことができなくなったことです。はさめないということは、電流を測定できないということです。これでは測定器として失格です。

「狭いのでセンサの形状を細くしよう。」それは単純な解ですが、正解にはなりません。センサを細くすることにより、測定精度が悪くなって正しく測定できなくなったり、耐久度が弱くなりすぐ壊れたりするようになるからです。一つ良くなると、一つ悪くなるということは、世の中の常です。
ここでクランプメータの開発者は悩みます。悩んで、悩み抜いて、妥協することなく、新しい発明をします。そして、正しく測定できて、頑丈で、細いセンサを生み出しました。

今回の受賞では、「はさめない = 測定できない」という現場の困りごとを解決するツールとして評価されたことは、格別にうれしいことであります。
現場に強く、もっと強く。
これからも現場に向き合って、測定器を開発していきます。

最後に、グッドデザイン賞の審査委員の評価をご紹介します。

>> AC/DCクランプメータ CM4375, CM4376の製品ページはこちら
>> ACクランプメータ CM4141, CM4142の製品ページはこちら

>> グッドデザイン賞受賞詳細ページへのリンクはこちら

JECA FAIR 2019 製品コンクールでクランプ電流計が受賞

更新日 : 2019年6月18日

みなさま、こんにちは。
GENNECTマーケティング担当の宮田です。

うれしい一報が届きました。
2019/5/22から24まで開催されていましたJECA FAIR 2019 (第67回 電設工業展)にて、GENNECT Cross対応測定器であるAC/DCクランプメーターCM4376が、一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞を受賞しました!!
このような名誉ある賞をいただき、大変うれしく思います。

このクランプメーターが受賞した理由は、なんといっても「狭い場所もはさむことができる」です。
最近の配電盤も分電盤もコンパクトに作られます。すると、電流を測定したくても、クランプセンサーが入らないということになります。省エネのためのダブル配線や、エコケーブルを使用して線材が太くなることも相まって、ますます測定できなくなってきました。

そこに目をつけたのが、AC/DCクランプメーターCM4376です。
「とにかく、はさめる。」
それ以外の言葉は必要ないです。


※ これはCM4376のクランプセンサーと全く同じ形状の測定器である、CM4375の動画です。

このクランプメーターCM4376の機能はそれだけではないのです。
太陽光発電(PV)システムの接続箱って狭いですよね??
CM4376は、交流電流も直流電流も測定できる上、直流電圧を1500Vまで測定できるので、PVシステムの測定でも大活躍できます。

もちろん、GENNECT Crossへの接続もできます。
標準測定機能、ロギング機能、波形表示機能、写真/図面測定機能を使えば、現場の仕事が楽になること間違いなしです。

>> クランプメーターCM4376の製品ページはこちら

>> 製品コンクール受賞製品一覧ページはこちら

グッドデザイン賞受賞!! 照度測定サポートシステム

更新日 : 2019年6月5日

GENNECTマーケティング担当の宮田です。

照度計、GENNECT Cross、測定治具(補助カート)を組み合わせたシステムがグッドデザイン賞を受賞しました。
日置電機は今までにも数々の測定器でグッドデザイン賞を受賞してきましたが、測定器とアプリを組み合わせた一つのシステム(ソリューション)として受賞することは初めての快挙となります。

2018年度グッドデザイン賞の受賞作を紹介する展示会「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」が東京ミッドタウンで10月31日から11月4日まで開催され、「照度測定サポートシステム」も展示されました。文房具や自動車、電気機器、建物など様々な受賞作の中、「照度測定サポートシステム」も堂々と受賞を誇っていました。
その他のHIOKI製品の2018年度受賞作は、「メモリハイコーダ MR6000」「パワーアナライザ PW3390」「AC/DCカレントセンサ CT6904」でした。

 

> グッドデザイン賞受賞詳細ページへのリンクはこちら

 

現場において、実際に許される作業時間は極々限られています。その限られた時間の中で作業の高効率化や時短につながる提案をしたい、というのがGENNECT開発チームの想いです。
測定器単体の改善だけでは、効果の高いソリューションを提供することは、難しくなってきています。しかし、GENNECT Crossや測定のための治具を工夫することによって、何十倍も何百倍も役立つシステムを提供できる可能性があります。そこがGENNECT Crossを始めとするGENNECTシリーズの面白さだと思います。

 

上記のグッドデザイン賞受賞詳細ページから、「審査委員の評価」を抜粋します。

上記のとおり、大変有難い言葉をいただきました。苦労して実現した機能を評価いただき、うれしく思います。

現場に強く。もっと強く。

まだまだGENNECTシリーズで解決できることはたくさんあります。これからも現場を支えるソリューションを提案し続けていきたいと思います。